意外に見落としがちな調査員の履歴書でアピールすること

興信所の求人を見つける方法

調査員になるためのアピールポイントをまとめる

どんな職業でも、面接時には履歴書を持参するように言われるはずです。たとえそれがバイトであっても、履歴書の提出が求められるので、これまでに履歴書を書いたことが無い、という社会人は皆無だと思います。

 

そして、履歴書を作るうえで困るのが、自己アピールの部分です。
資格や免許を有している人、その職業にとって欠かせないスキルを持った人は、自己アピールにその資格やスキルをアピールすればいいのですが、探偵の調査員では何をアピールしたらいいのかわからない人も少なくないと思います。

 

そこで、調査員になるために必要なアピールポイントについて少しまとめみようと思います。

 

まず、アピールの仕方やポイントを紹介する前に、どんな人が調査員として探偵事務所から求められているのかという点に注目してみましょう。

 

・仕事を続けてくれる人。
・不規則な就業時間で働くことが可能な人。
・車(バイク)の免許を持っている人。
・出張に抵抗が少ない人(遠方での勤務も可能な人)。
・簡単なパソコンの操作ができる人。

 

おおまかにいくつか挙げることができますが、これといって調査員に求められる資格やスキルといった物は少なく、どちらかと言えば、その人の資質によるところが多いというのがわかります。
この調査員に求められるポイントを参考に、どのように自己アプールを行うかというのが大事になるわけです。

 

・不規則な勤務、出張も可能。
・各種の運転免許を取得。
・基本的なパソコン操作やツールの使い方を知っている。

 

この3点でも面接に行った探偵事務所でアピールすることができれば、かなり好印象を受けると思われます。

 

また、調査員としてというよりも、探偵としての資質には、コミュニケーション能力も重要です。このコミュニケーション能力は、面接である程度判断することができることですが、自己アピールで「他人と話すのが苦手」や「1人が気楽」というようなネガティブな印象を受けるアピールはしないようにしましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ