探偵になって興信所で働くためには

興信所の求人を見つける方法

探偵になるには

探偵になるために必要な資格というものは特にありません。手っ取り早いのは興信所に入社し、その調査員として働くことでしょう。働き口は求人誌やハローワークで探すのが一般的ですが、そもそも探偵という職業自体があまり一般的でないため、その求人数は少ないのが現状です。

 

他の求職方法としては、探偵を養成する学校へ入学することも一つです。
探偵としての専門的な技術や、法律に則って業務を遂行するための法知識などを学ぶことができますし、卒業後の就職先の斡旋をしてくれる学校もあるようです。

 

いきなり興信所の調査員として働くのはハードルが高いと感じる方は、まず探偵学校へ入学して知識と経験を積んでからプロの探偵として働き始めるのが良いでしょう。

 

ただし、学校選びは慎重に行いましょう。ホームページやウェブ上での評判をしっかりと収集し、決して安くない学費を無駄にしないように気を付けましょう。
学費はコースによって異なるところが多いようで、学校によっては通信教育のコースもあるようです。
また、探偵として雇われるだけでなく、興信所を開業する道もあります。探偵になるために特別な資格は必要無いと書きましたが、開業するには公安委員会へ申請が必要になります。

 

ただし、犯罪の前科の有無などによっては許可が下りないように法律で定められているので、独立の前にしっかりと確認しておきましょう。

ホーム サイトマップ